水ビジネス

水ビジネスが注目されつつあります。日本の水源は世界各国が注目をしており水源もろとも土地の取得を申し出る海外の投資家などもいるようです。日本国内でも、ウォーターサーバーの代理店契約を行い、水の販売事業を行うお店が増えてきています。震災でのライフラインの寸断や、放射性物質が水道水も汚染していたという問題を受け、備蓄用・防災用飲料水などとしてウォーターサーバーの設置が家庭レベルで注目され始めているのです。天然水はバナジウムやゲルマニウムなど飲用することで健康維持に役立つという機能性も注目されています。安価で購入でき自宅まで宅配できるシステムも受けて契約数はうなぎ上りです。

多くの家庭が注目する中で代理店契約を行う業者がまだまだ足りない状況です。宅配水ですので宅配エリアがカバーできないと新規エリアを開拓することができません。新規エリアを開拓し顧客を獲得することで、ロイヤリティなどを多く得ることができます。水ビジネスは今がチャンスと言えるでしょう。代理店契約を行い、インターネット上で広く広告を行うことなどで顧客を広げることができます。また実際に宅配などを行う店舗型代理店になることで、足を使って顧客の新規開拓を行い、地元の新規客を開拓していくことも方法の一つです。今では複数の事業を行う地域の会社が水ビジネス事業に参入をして地元の顧客を獲得している事例も多くあげられています。地域密着型の水ビジネスは、顧客のニーズもタイムリーに情報収集はできますので、新商品のプロモーションなども簡単に行えます。


水の注文