ウォーターサーバーのトラブル

ウォーターサーバーを契約された方の中でトラブルが発生して困ったという方も多くいらっしゃいます。一番多いのは「家に置いたけれど、電源確保が難しかった」「予定していた置き場所がNGだった」などとの理由で、ウォーターサーバーを断念せざるを得ない場合です。トライアルで一定期間無料で利用する時間があれば良いのですが、トライアルも行わず契約を行い、このような難点が発生すると、事務手数料や解約手数料という名目で5千円程度の費用がかかる場合もあります。検討中の段階で、電源コードの長さや、サーバーの大きさを必ず確認されることをお勧めします。またトライアル期間を確認することや、違約金に関しての事前確認も行います。

普段ウォーターサーバーを利用されている方の中には、水漏れが気になるという方もいらっしゃるようです。セルフメンテナンスを行うことで、このようなトラブルを回避することができます。ほとんどのウォーターサーバーは、セルフメンテナンスが可能です。取扱説明書を見ただけでも即分解・清掃を行うことができますので安心です。また、公式HPでは動画でセルフメンテナンスの方法をレクチャーしているものもあります。ウォーターボトルを交換するタイミングで清掃を行うことでトラブルの回数も激減しますので、毎日のお手入れの一つとして組み入れると良いでしょう。

ウォーターサーバーの故障や、老朽化などで交換を行うことができます。1年未満の交換では手数料が発生しますので注意が必要です。このほかには、ウォーターサーバーレンタル料無料の条件や定期購入の最低本数などを確認し、同意した場合にのみ契約を行うことが大切です。


美容サイト4